比べてみました!賃貸派VS購入派

賃貸する理由とは

サラリーマンが家を買うべきではない賃貸する理由とは

賃貸する理由とは かつては、政府が持ち家を推進したこともあり、持ち家信仰が高く、賃貸では肩身が狭い思いをしたり、持ち家があってこそ一人前という考え方が主でした。
しかし、バブルが崩壊してデフレ時代に突入し、借金を負うことは最大のリスクとも言われています。
大地震や津波、土砂災害など避けられない自然災害なども多発している現状では、サラリーマンは家を賃貸するのが望ましいという考え方も出て来ています。
持ち家を購入する目的として、家賃を払い続けても自分のものにならない、ローンが終われば自分のものになるのでお金は必要無いという考え方がありますが、ローンを完済しても、固定資産税や火災保険料、マンションなら修繕積立費などがかかるので、お金が必要無い訳ではありません。
年を取ると賃貸住宅を借りられないという人もいますが、それは嘘です。
高齢化社会となり、高齢者でも住宅は賃貸出来ます。
必要無くなったら売却出来るという考え方もありますが、特に新築の場合は購入時が最も資産価値が高く、だんだん資産価値は目減りします。

高い生命保険に入っている人は賃貸のほうが向いている理由とは

生命保険に入っている人は賃貸が向いている 賃貸住宅と持ち家とどちらが長い目で見て有利なのか、という話題をよく聞きます。
高い家賃を支払うのであれば持ち家を購入した方が良いという人もいますし、毎月家賃さえ支払っていれば固定資産税などの心配がない賃貸の方が良いという人もいます。
高額な生命保険に入っている人は、実は賃貸の方が有利です。
持ち家をローンで購入する場合には多くの場合団体信用生命保険という物に入る必要がありますが、この保険は死亡により住宅ローンが支払えなくなってしまった場合には残債を保険で補てんするための保険であり、受取人の手元に保険金は残りません。
残債が補填されるのだから問題は無いのではと考える人もいますが、実はその掛け金が意外と高額なのです。
したがって、自らの生命保険で残債を補てんできる場合でも、別の保険の掛け金を支払わなければいけなくなってしまうため、毎月の負担が増えてしまうからです。
この場合、賃貸であればこのような保険に入る必要が無いため、結果的に死亡の際におりる保険金の額が大きくなることもあるのです。

新着情報

◎2017/8/21

ペットが飼える賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/5/29

初期費用を安くする
の情報を更新しました。

◎2017/2/13

住みやすいところ
の情報を更新しました。

◎2017/1/18

家のメンテナンス費用
の情報を更新しました。

「賃貸 サラリーマン」
に関連するツイート
Twitter